TOEIC対策模試の本

TOEICテスト新模試600問―模試3回分の予想スコア付き

 
予想スコアが精神安定剤の役割も(2006/02/09)
 受験した感じと実際の得点が時として食い違い戸惑うことがありませんでしたか。またどれだけ正答しないと何点台は取れないと焦ってしまったことはありませんか。

 この本では巻末にListening、Readingに分かれて予想スコア表がついているので、目標の得点に対して何問までなら間違っても大丈夫との目処が掴めます。もちろん目標得点にもう少しという人は、そのギャップを埋めるのにどの分野であと何問分を確かなものにすれば良いかとの通常のアプローチも取れます。

 この手の模擬試験の相場は一回分あたり700〜1,000円ですから、本書は値段の点でもリーズナブルだと思います。
 
自分の実力診断、レベルアップ両方に最適(2005/07/18)
本書は過去のサンプルデータを基にして予想スコアを出すことができ、現状の実力を計るのに最適といえます。また、苦手分野を抽出し、そこを重点的に勉強することでスコアアップを図るという方式にもマッチしているといえるでしょう。本書の問題は難しいため、正答率は実際の試験よりもかなり低くなってしまいますが、その点は予想スコアの出し方にも折込済みなので問題ありません。むしろ、難しい問題に触れておけば本番での解答がスムーズにでき、効果的な結果を得ることができるでしょう。
 
分野によって難易度が異なります。参考にしてください。(2005/03/27)
 少なくとも700点程度のスコアをすでに出している方にお勧めします。リスニングのパート?とパート?、リーディングの読解問題は、実際のテストとほぼ同レベルなのですが、それ以外が口語的な語彙や慣用表現を問う問題や、ビミョーな問題の割合が多く、難しいのです。ナメてかかっていたリスニングのパート?でいくつも落としてしまった時にはビビりました。でも、おかげさまで、本番は程よい緊張感をもって、楽に臨むことができました。
 解説は端的でわかりやすいです。「この箇所には××詞以外に当てはまらないので、選択肢AとBのいずれかになる。けれども選択肢Aは…」といった具合に、正答を導き出すまでの考え方も提供してもらえます。
 
TOEIC本番よりもかなり問題レベル高め。(2005/01/05)
 やってみるとリスニングでボロボロ落とすのでかなり落ち込みましたが、スコア換算表を見ると素点(正解数)八割台でも予想スコアが900を越えてしまうのでちょっと驚きました。全体的にTOEIC本番よりもかなり難しいということです。その点さえ頭において使うなら、数をこなすためにやって損は無い問題集だと思います。
 
定番の模試教材(2004/11/17)
解説もまあまあわかりやすい。アルクの赤い本の模試600よりかは、個人的にましかと思う。特に初心者にとってTOEICの模擬試験本ものは解説が命。解説が分からなければ復習などの妨げになるし。熟練されたかたは違う感想があると思いますが… 
ちなみにアルクの本なら同じ模試600問の黄色い本もおすすめします。
 
TOEICテスト新模試600問―模試3回分の予想スコア付き
タイトル:TOEICテスト新模試600問―模試3回分の予想スコア付き
定価:\2,310
発売日:2003/09
著者:木村 恒夫,小沢 喬,本多 英明,木村 哲夫
出版社:アルク
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:10 時点のものです。

TOEIC対策模試の本



リンク
in association with amazon.co.jp