美輪 明宏(みわ あきひろ)の本

ああ正負の法則

 
参考になりました(2009/07/01)
この世の中の一割は、物をわかったひと、一割は物をわかろうとしない人、あとの八割は、馬鹿で構成されていますというところが、とても心にぐっときました。あとは、三輪さんの自慢話が多いかな?
 
若い人は読まないほうが良い本です(2009/05/04)
ある事象を別の事象と結びつけて、都合よく正負と言っているだけで、その軸そのものが正しいのかどうかは疑問があるものが少なくありません。仮に正しいとしても、だれもが正負がつりあっているわけでもないのに、0点があいまいなことをいいことに、つりあっているかのごとき表現となっている。もっと多元的に評価すれば、様々な広がりがある事象を、正負という枠組みに無理に押し込んで納得してるだけとしか思えません。
若い人は読まないほうが良い本です。爺くさい考えに判ったような気にさせられるか、さもなくば腹が立つでしょう。
どこがつまらないか感想を整理していく中で、自分も同じ過ち、すなわち年寄りが、自分の狭い体験から、無理に納得させた論理をさもえらそうに若い人に説教するという過ちを犯しているのではないか、と気づいたことが唯一の収穫です。
 
人間は…(2009/03/01)
人間はとかく、期待しがち、夢みがちなところが多分にあると感じられる。それが味わなくともよい苦しみを生むのかもしれないと…。「何故、私の人生はこんなに不幸なの?」とマイナスのほうにばかり目を向ければ、プラスの部分までくすみ、無くなってしまうかのよう。…絶望にうちひしがれるうちは、到底、自分にプラスの部分があるとは考えられない…しかし、この本を読むなら、今まで見えてこなかったプラスが、ずるずると地中から顔を出してくるようにも思う。目に見えるものに振り回されるなら、感謝を失い、混乱し、最低限のもので満足するなら、感謝する心、つまるところ、やすらぎが手に入るのだろう。
この法則を知るか否かで、自分の中で何かが変わるかもしれません。
 
良いことも悪いこともいつまでも続かない。(2008/12/03)
私が正直に思った感想は『すべて良いことばかり、悪いことばかり』と云う
人生は無いということです。

正(良いこと)正、正と続いた人でも必ず負(良くないこと)が起こる、
その逆もまた然りなのだそうです。
だからむやみやたらに他人を羨んだり妬んだりするものではないと
昔の有名人、著名人を例に取って教えて下さっています。

誰にでも悩みはあると思いますが私も本書でとても救われました。
そしてもし良いことがあった時でも調子に乗らず傲慢にならず
謙虚さを心がけて生きていこうと思います。

美輪さん、ありがとうございました。


 
正負の法則ってなあに?(2008/08/17)
にわかに信じがたい話ですがそんなこともあるのかなーと感じながら読んでいました。
負を背負って生まれてきた方が人並みはずれた業績や結果を残すことはままあることですが一生の間でそういうサイクルが周期的にめぐってくるのかはちょっといまのじぶんには信じられないです、正直半信半疑ですがそれでもお勉強と思ってます。
ただ文章はさすがです、おもしろいはなしや美輪さんならではの実体験のはなしは非常にためになり、背筋がピンと伸びるおもいです。
国宝級にまずいお店やアンチマスコミなど辛口なところもちょっとおもしろい。
腹六部でつきあうというはなしをきき、少し肩の荷が下りました。あまりにも根をつめて考えすぎる嫌いがあったじぶんにとってこれは大きなことで、感謝です。
印象的な言葉、
「人並み以上、頭一つ出している人は、他の人たちの二倍三倍も働いているのです。頭脳労働も肉体労働も両方。つまり<出し惜しみをしない>のです。苦労の出し惜しみをしない人は、それだけ恵まれています。」
 
ああ正負の法則
タイトル:ああ正負の法則
定価:\1,575
販売価格:\1,575
発売日:2002/04
著者:美輪 明宏
出版社:PARCO出版
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:39 時点のものです。

美輪 明宏(みわ あきひろ)の本

スピリチュアル特集



リンク
細木数子特集
火星人の運命 / 水星人の運命 / 木星人の運命 / 金星人の運命 / 土星人の運命 / 天王星人の運命 / 霊合星人の運命 / 六星占術 開運暦 / 六星占術入門 / 大殺界 / 六星占術の極意 / ○○学 / 細木数子の自伝 / 先祖の祀り方・お墓の建て方 / 子育て・教育の本 / 六星占術の極意 / Q&A / その他・細木数子の本
人生の法則・スピリチュアル特集!
in association with amazon.co.jp