システム・コンサルタント入門の本

SEのためのシステムコンサルティング入門―システムコンサルタントになるための実践ガイド

 
コンサルタントへ転職するきっかけとなりました(2008/03/08)
SEをしていたときにふと手にした本です。

SEのキャリアを積んだら、コンサルタントになれるのか?別物ではないか?と疑問を持っていたのですが、
コンサルタントはSEの経験を生かしてなるものではなく、SEの資産をいったん捨てて、一から習得するもの、
という著者の言葉で、それまでの疑問が解けた思いがしました。

本書がコンサルタントを目指すきっかけとなりました。
 
システムコンサルティングの心得がわかる(2007/05/12)
SEからシステムコンサルティングに転身するということは、
海から陸にあがること という例えが印象的でした。

SEの延長線上がシステムコンサルティングではなく、
あくまで別物。1から取り組むつもりで転身する必要があると
いうことです。

また、コンサルティングの魅力を理解できる一冊でした。
 
入門書としては参考になります(2007/03/11)
脱下請け体質を目的として、システムコンサルタントの事業領域へと進もうとする、中堅のIT企業において、これからそういった組織を作ろうとする立場の人にとっては、このような入門書は参考になると思います。後半にある組織の立上げプロセスと契約書サンプルなどは、少しは役に立つでしょう。

でも、この本に書かれているどうすればそうなれる?の方法は、あくまで精神論と結果だけで、そうなるためのプロセスとして書かれていないのは、今までの日本的な指南書や入門書の書き方と同じ(剣道入門とか茶道入門に近い)で、少しコンサルタントっぽくないかも。

また事例としての経営層との会話は、システムコンサルタントの教訓として上げられているが、これももう少しまとめておけばよかった気がする(MECEじゃ無い)。
さらに経営者は絶対的に正しいとして書かれているが、今の日本の状況においては経営層の問題も多いと思うので、そこも少し疑問。

結果的に、著者のコンサル会社などにお願いしないと、しっかりしたシステムコンサルタントの育成は難しいと気付くことになるのでしょうが。
 
これからの生き方にひとつの選択肢を与えてくれました(2007/02/02)
システムコンサルタントの定義から始まり,
持つべき能力・心構え,さらには著者のコンサルティング事例など,
ボリューム満点の一冊.
読後素直にシステムコンサルを目指してみたいな,と思うようになりました。

ただ,SEからシステムコンサルになることは
著者曰く「(海のものが進化して)海から陸に上がるようなもの」.
今まで築き上げてきたものを全て投げ打つ思いで
真剣に取り組まなければ絶対になれない職業のようです.

これからSEとして生きていきますが,
6年,7年たって自分の目の前に何らかのチャンスが開けたときは,
もう一度この本を読み直して自分の将来進むべき道を考えてみたいなと思います.
 
SEのためのシステムコンサルティング入門―システムコンサルタントになるための実践ガイド
タイトル:SEのためのシステムコンサルティング入門―システムコンサルタントになるための実践ガイド
定価:\2,200
発売日:2006/10
著者:黒岩 暎一
出版社:日経BP社
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:57 時点のものです。

システム・コンサルタント入門の本

システム開発・プロジェクトマネジメントに役立つ知識特集

プロジェクトマネジメント特集

システムコンサルタント・ITコンサルタント特集

システム開発に役立つ業務知識 特集

ERP、業務パッケージ等の知識

人気著者特集

トム・デマルコ        


リンク
システム開発、プロジェクト マネジメント、業務知識などSEに役立つ本の特集
in association with amazon.co.jp