PHP Webリファレンス

「PHP Webリファレンス」は、PHP で使用可能な関数や PHP の文法などを分かり易く分類することを目的として作成しています。
PHPによるCGIプログラム作成等の参考にして頂ければと思います。

SQLの実行結果の行数を取得する

書式
pg_num_rows( res )
引数・戻り値
戻り値(int) SQL実行結果に含まれる行数
エラーの場合 FALSE
引数1(res) pg_query などにより取得したSQL実行結果のリソース
備考

SQLを実行するには、まず pg_connect で PostgreSQL に接続し、その後 pg_query を使用してSQLの実行が可能となる。
PostgreSQL への接続を切断するには pg_close を使用する。
SQL 実行結果の行数を取得するには pg_num_fields を使用する。

関連カテゴリー
データベース(PostgreSQL) / 関数・ステートメント索引(P)
サンプルコード
<?php

$hostname = "localhost";
$uname = "USERNAME";
$upass = "PASSWORD";
$dbname = "DBNAME";
$tblname = "TABLENAME";

//PostgreSQL に接続する。
$connect_string = "host={$hostname} dbname={$dbname}";
$connect_string .= " port=5432 user={$uname} password={$upass}";

if( !$res_dbcon = pg_connect( $connect_string ) ){
	print "PostgreSQL への接続に失敗しました。";
	exit;
}

//SQL文を実行し、結果のリソースを取得。
$res_result = pg_query( $res_dbcon, "SELECT * from {$tblname}" );

//SQL実行結果の列数(フィールド数)を表示
print "列数は" . pg_num_fields( $res_result ) . "\n";

//SQL実行結果の行数を表示
print "行数は" . pg_num_rows( $res_result ) . "\n";

//PostgreSQL への接続を切断する。
//この処理を行わなくてもプログラム終了時に自動的に切断される。
pg_close( $res_dbcon );

?>

関連カテゴリー
データベース(PostgreSQL) / 関数・ステートメント索引(P)