PHP Webリファレンス

「PHP Webリファレンス」は、PHP で使用可能な関数や PHP の文法などを分かり易く分類することを目的として作成しています。
PHPによるCGIプログラム作成等の参考にして頂ければと思います。

指定した文字列が最初に現れる位置を調べる

書式
strpos( str1, str2 )
strpos( str1, str2, int )
引数・戻り値
戻り値(int) str1 の中で str2 が最初に現れる位置
1文字目の場合0
5文字目の場合4
見つからない場合:FALSE
引数1(str1) 検索対象の文字列
引数2(str2) 検索する文字列
引数3(int) 検索を開始する位置
1文字目から検索する場合0
5文字目から検索する場合4
省略すると0になる
備考

指定した文字が最初に現れる位置を調べるには strcspn を使用する。
指定した文字が最後に現れる位置を調べるには strrpos を使用する。
指定した文字以外の文字が最初に現れる位置を調べるには strspn を使用する。

関連カテゴリー
文字列処理 / 関数・ステートメント索引(S)
サンプルコード
<?php

	$str1 = "HAGE HIGE HOGE";
	
	echo strpos( $str1, "HAGE" ) . "\n";//0
	echo strpos( $str1, "HIGE" ) . "\n";//5
	echo strpos( $str1, "HOGE" ) . "\n";//10
	echo strpos( $str1, "IG"   ) . "\n";//6
	echo strpos( $str1, "NG"   ) . "\n";//false
	
	echo strpos( $str1, "HAGE", 3 ) . "\n";//false
	echo strpos( $str1, "HIGE", 3 ) . "\n";//5
	echo strpos( $str1, "HOGE", 3 ) . "\n";//10
	echo strpos( $str1, "IG"  , 3 ) . "\n";//6
	echo strpos( $str1, "NG"  , 3 ) . "\n";//false
	
	//strrpos は後ろから検索する。
	//【注意】strrpos では、第二引数の文字列の
	//先頭の文字だけが検索対象となる。
	echo strrpos( $str1, "HAGE" ) . "\n";//10
	echo strrpos( $str1, "HIGE" ) . "\n";//10
	echo strrpos( $str1, "HOGE" ) . "\n";//10
	echo strrpos( $str1, "IG"   ) . "\n";//6
	echo strrpos( $str1, "NG"   ) . "\n";//false

?>
関連カテゴリー
文字列処理 / 関数・ステートメント索引(S)