フィレンツェの本

フィレンツェ・ミステリーガイド

 
イタリア旅行のお供に!(2009/03/22)
イタリアに留学やちょっと長期のヴァカンス、
いつもとは、他の人とは違ったイタリアを楽しみたいなら
絶対にこの本はお薦めです!!
私もこの本を持っていろいろと行きましたが
知らなかったら見逃してしまういろんな面白いミステリーを
知る事はより深いイタリアに触れた気がしてとっても
最高でした。
 
ブラッディ・ビューティー(2007/04/04)
フィレンツェという美しい血の色をした街の、別に意図的に隠しているわけではないのだけれど、普通の人の目には滅多に触れることのない名所(迷所?)案内。
 のっけから少女のバストの剥製(というか、作り方からすればミイラというのか)から始まる。これは駅からバスで行く距離なので、相当時間がないと訪れられなそう。
 市内で手軽に行けそうなのは、ヴェッキオ宮殿の「秘密の行程」。これはウェブで実際の申し込み画面まで行けた。1時間程度だから、パック旅行でも
フィレンツェで自由時間があるならお勧め。同様にヴァザーリ回廊も。
「どんな宗教もその誕生におおいては善たらんことを目ざしていたと私は信じたい。しかし、みずからを『絶対善』と認識し、また周囲にそう認識させた時点で、まるで時限爆弾が発動したかのように、『絶対者』としての欲望は暴走しはじめるのだ」
 このごろ欧州では日曜日に教会に行くなんて奇特な人は数が少ないとは聞くが、それでも一国の指導者が「神の御名において」統治を宣誓するのだから、まだ心許すわけにはいかない。
 
時間がたっても廃れない「ガイド」です(2005/01/14)
とてもマニアックなフィレンツェが描かれていて、
初めての旅行者にはもっと他に見るところがあって
なかなかこの本に描かれているところまで
見てまわることが出来ないかもしれませんが、
1ヶ所でも回ると、フィレンツェ通な土産話をする事が出来ます。

2回目以上の方にはぜひ、この本を読んで
フィレンツェの奥深さを頭において回って欲しいです。
こちらのほかに、
「フィレンツェ 旅の雑学ノート―メディチ家の舞台裏をのぞく 」も
フィレンツェの違う面を見せてくれる書籍です。

いろいろな書籍で触れられている同じ美術品についても、
変わった視点から解説してくれます。

とても歴史深い街、フィレンツェ。
訪れる人や、流行、売ってる物が時代を経て変わってきても
街は変わらず待っていてくれます。
その点でこの書籍は、保存版にしても情報が廃れることはないでしょう。
 
読んだ後、何かが変わる(2004/08/10)
フィレンツェを愛する人は必読の本。単なるミステリー本ではなく、
その中にある歴史上人物のさまざまな物語が読むものの好奇心を駆り立て、この美しき街へといざないます。
上質な読み物をお探しの方にお勧めの一冊です。
 
2度目のフィレンツェには是非(2003/04/29)
普通のガイドブックとはひと味違うディープなフィレンツェ・ガイドでした。
「えっ、あの建物にこんな秘密が!?」的な話ばかりで、一度フィレンツェに行った事がある人は
もう一度行きたくなってしまうはず。
それぞれの章の後に観光の為の詳しい予約情報などが載っていて親切。
いつかはこの本に沿ってフィレンツェを探索してみたいと思いました。
 
フィレンツェ・ミステリーガイド
タイトル:フィレンツェ・ミステリーガイド
定価:\2,100
発売日:2003/02
著者:市口 桂子
出版社:白水社
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:24 時点のものです。

フィレンツェの本

イタリア地域別情報
フィレンツェ   ミラノ   トスカーナ
シチリア   ナポリ    
その他イタリア関連情報
ダ・ヴィンチ・コード   フェラーリ    


リンク
in association with amazon.co.jp