カンボジア旅行記・滞在記の本

アンコール遺跡を楽しむ

 
行く前に読むか、帰って読むか?(2006/06/22)
2006年3月にアンコールワットに花粉症逃避旅行に行く前に購入し一読した。行く前に読むのは少々辛い。長い遺跡の名称、文章と写真から個々の情景を浮かべるのが難しいのだ。行った後では「ああそうだった、そうだったと」納得出来るのだが。

帯に付いているCD引換券を郵送するとカラー写真満載のCDが送られてくる。会社員が短い旅程の中で自分のデジカメで写真を取りまくることになるとしても、アンコールワットの壮大さを捕らえきれないと思う。そのためにもこの書籍があった方が良いかと思う。

著者がアンコールワットに魅せられた理由は、実際に行ってみて良く分かった。一部カンボジア人ガイドと説明が違う部分があったが、解釈の違いとして許容出来る範囲である。自分は考古学者ではないので、学術的な正確さは求めてはいないので。

クーラーの効いたホテルに泊まり、ミネラルウォーターを備え付けた、これまたクーラーが効いているトヨタのワゴン車で遺跡を巡っても、足がツルほど歩かされる。また3月は30度を超えて死ぬほど暑かった。これから行く方は体がしっかりしている間に行くことをお薦めする。

カンボジアの人達の素朴さと笑顔、数知れない荘厳な遺跡郡を思い出すとリピータになる気持ちが分かる。旅行から帰って来て、この書籍の価値が倍増した。
 
マイナー遺跡が良いです(2004/10/14)
一般的な日本語のガイドには掲載されていないようなマイナーな遺跡ものっていて、遺跡マニア、リピーターには良いと思います。また主要遺跡についてもかなり詳しい解説があります。また、著者が運営するホームページも写真も含めて圧倒的な情報量で重宝します。
ただ、写真も少ないですし、初めての方が、ガイドとして利用するには不向きです。また、学術的な本でもないので専門的な事を知りたい方には向きません。
 
アンコール遺跡を楽しむ
タイトル:アンコール遺跡を楽しむ
定価:\2,625
発売日:2003/04
著者:波田野 直樹
出版社:連合出版
形態:単行本
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:47 時点のものです。

カンボジア旅行記・滞在記の本

ヨーロッパ旅行記・滞在記特集

ヨーロッパを舞台とした小説の特集

アジア/中近東旅行記・滞在記特集



リンク
思わず旅行に行きたくなる世界の旅行記・滞在記特集
in association with amazon.co.jp