タイ旅行記・滞在記の本

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)

 
タイ人・タイ王国を知りたければ読むべし(2009/07/23)
一言で言うと「なるほど。面白い」
この作者の表現は一章ごとに"オチ"で締めくくられていることが多いので、読んでいて飽きがありません。むしろ、次を読みタイ!と思ってしまう内容でした。
私はタイに一度も行ったことがないですが、日本に住んでいるタイ人の知り合いがいます。この本を読みながら、「あぁ、そうだ(笑)」と共感できる部分が多くあって、タイに興味がある方・まずはタイってどんなところ?タイ人のことを知りたい、って方は まずこの本を読めば一通りのことは分かると思いました。是非、お勧めしたい本です^^
 
タイで日本語を教える(2008/10/19)
 著者の比較的初期の作品。あまり高野氏らしさが出ておらず、ファンとしては物足りないかも知れない。
 しかし、タイについての著作としては充分にハイレベル。
 著者がタイ・チェンマイ大学の日本語講師として働いていた頃の思い出を語ったもの。学生たちとの交流を中心に、タイの文化や政治について紹介されている。禁煙推進のためにドラマの喫煙シーンにモザイクをかけてしまったり、学生の卒論から対日感情を推し量ったり、どれも豊かな経験と鋭い視点を感じさせ、読んでいて勉強させてもらったという気になる。
 タイを知るための入門書としても役に立つ本だろう。
 
微笑みの国 タイ(2007/12/01)
 タイ人の気質が書かれた本です。タイ人がいつも笑顔なのにはウラがあったり、他人を干渉しなかったり、この先タイに行く機会があったらとても参考になりそうな記述が満載でした。
 タイに行こうと思っている人はこの本を読んでから出国することをおすすめします。
 
懐かしい思い出と共に(2007/09/30)
20年前たずねたバンコクの思い出をなぞりながら読みました。あふれる笑み、のどかな人々の表情、いいなぁと思っていました。20年の歳月を経て、あの時の感慨とは異なる「いいなぁ」を思います。顔つきはどこか、遠くの親戚のようですが、ほんと、違うのですね。でも似た人も私の周りにはいます。約束守らずへへへ・・・のヤツです。そのルーツが分かった様な気分です。改めてかの地の執着しない人柄、おおらかさからも自身を見直すお話です。著者の人間観察力に敬服。ありがとうございました。
 
読んで極楽、見ても極楽(2006/05/23)
タイの多様な側面が一目でわかる

ある国全体の特徴を書けと言われたら、その国の多様な側面を
断片的に表現して寄せ集める以外ないであろう。かくしてサブ
カル的案内書がゴマンと生まれる。しかし、それらの大部分は
一度読めばゴミ箱行きだ。

本書は違う。本書は類書の中で群を抜いてレベルが高い。永久
に私の書棚の一角を占め続けるだろう。

タイトルと表紙のイラストに示されているように著者の語り口
は非常に軽いが、タイ歴15年の私から見てもトピックスの選
択が的確で、記述の内容が正しく、とても要領よくまとめられ
ている。日本人が知りたい、そして知っておかなければならな
いタイのいろんな側面がすべて語られている。

タイが好きになった人が本書を読めば、自分が言いたかったこ
とを発見して嬉しくなること間違いない。そしてユーモアのあ
る書き振りに笑いがこみあげてくることも。

なにはともあれ、類書の中では『極楽タイ暮らし』を読むこと
を強くお薦めする。
 
極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
タイトル:極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫)
定価:\630
販売価格:\630
発売日:2000/09
著者:高野 秀行
出版社:ベストセラーズ
形態:文庫
在庫状況:通常2〜5週間以内に発送
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:47 時点のものです。

タイ旅行記・滞在記の本

ヨーロッパ旅行記・滞在記特集

ヨーロッパを舞台とした小説の特集

アジア/中近東旅行記・滞在記特集



リンク
思わず旅行に行きたくなる世界の旅行記・滞在記特集
in association with amazon.co.jp