カンボジア旅行記・滞在記の本

世界遺産 アンコール遺跡の光 (小学館文庫)

 
写真がきれい(2005/05/13)
〜手探りでアンコール王朝の写真集が欲しくこの本にたどり着きました。
写真が多く、アンコール遺跡群などの魅力が詰まっています。
著者の訪問体験談をもとにした写文集なので、
深い歴史にはふれてはいませんが、アンコール遺跡の魅力を感じられる入門書としては良いのではないでしょうか。
1つ誤算たったのは、この本が文庫本サイズだったことです。(〜〜自分がよく見てなかったせいですが・・・。)
もっといろいろな写真を見たくなりました。
ボリュームからして価格も安いと思います。〜
 
美麗な写真でアンコール遺跡が見られます。(2003/01/07)
 著者のアンコール遺跡に対する愛惜の念がよく伝わってくるヴィジュアルな本です。アンコール・ワットをはじめバイヨン寺院やバンテアイ・スレイ、タ・プローム、王城アンコール・トム、等々の諸遺跡の風情あるカラー写真が満載されております。  ただしかし、あえて難点を挙げるとならば、固有名詞の表記がすべてカタカナだけでローマナイズ形表記もクメール文字の併記も全くなされていないことが指摘出来ましょう。これではカンボジアへ旅行する人々にとって些か不親切のそしりを免れぬことでありましょう。 また筆者は美術・写真の専門家ではあっても、クメールの文化や歴史、宗教には余り明るくないとおぼしく、例えば183ページの「リンガ」の解説には「男根形の柱であらわされるヴィシュヌ神?象徴」などと記されています。監修者は目を通されなかったのでしょうか。少しく残念に思います。
 
世界遺産 アンコール遺跡の光 (小学館文庫)
タイトル:世界遺産 アンコール遺跡の光 (小学館文庫)
定価:\880
販売価格:\880
発売日:2002/11
著者:田村 仁,石澤 良昭
出版社:小学館
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:01:47 時点のものです。

カンボジア旅行記・滞在記の本

ヨーロッパ旅行記・滞在記特集

ヨーロッパを舞台とした小説の特集

アジア/中近東旅行記・滞在記特集



リンク
思わず旅行に行きたくなる世界の旅行記・滞在記特集
in association with amazon.co.jp