ドラゴン桜の本

ドラゴン桜を検証!!東大合格法

 
使える勉強法も多い!(2008/01/24)
見開き1ページで1項目ずつ『ドラゴン桜』の中に出てきた
勉強法について現役理3生が語っている本。

勉強法が数多く載っているので為にはなるのですが、
1項目につき複数人が書いている場合、内容が食い違っている
ものがちらほら見受けられたのが残念なところです。
でも、オススメの参考書などが科目別に載っているので、
独学で参考書や問題集を買おうと思っている受験生には
オススメできます。
 
出版社の金儲け本(2005/12/05)
私は元東大生であるが、この本自体はそれほど有用でないと思う。

まず、検証!とあるが、たんに、「ドラゴン桜」の中から適当な部分を
引っ張ってきて、それに対する「見解」を理3合格者各人が述べているだけで
検証を語るには程遠いレベルのものである。正直、三流出版社が
金儲けのために流行に乗って出した本であるとしか思えない。

なぜ、こう考えたのか詳しく述べる。
同じトピックにつき、二人が書いていることもあり、執筆者全員が
意見をすり合わせているとは到底思えないのだ。つまり、個々の
理3合格者が書きたいトピックにつき適当に書いているに過ぎない。
彼らのもつ知識を適当にばらまいているだけである。
理3合格者の個々の見解のレベルは確かにそれなりに質が高いもので
あるのかもしれないが、それでも、理3合格者は完璧ではない。
彼らが勘違いしていることだってある。その点で、情報の信頼性は薄い。
(中には「明らかに」間違っている情報もある→p27)
また、個々が適当に書いているため、質問の答えになっていない場合もある。
この本自体、理3合格者の考えのごった煮なのだ。

ただ、理3合格者の受験への取り組み方がどのようであったのか
編集の手が入っていないだけにより一層よくわかる。
その点では有効かもしれない。そのために星は2つ。

ただ、「東大合格法」というには質が低過ぎて話にならない。
その責任は執筆者ではなくて、編集担当者(出版社)にあるのだと思う。
 
参考になるのかなぁ〜?(2005/09/22)
まず「ドラゴン桜」の漫画については「メモリーツリー(これってマインドマップ?」などの記憶術などが乗っており参考になる面もあります。「1年で東大理科?類合格!」「東大は簡単だ!」と東大は簡単であり理科?類なら入りやすいと、ありますが正直1年では無理だと思います。
東大合格法!についてですが、漫画の内容を検証しているみたいですが、少し考えればわかることが多いです。(国語80点中60点なんか無理等)  具体的な勉強方法は載っていません。
ちなみに私が受験生の時に使っていた勉強方法は「マインドマップ」がメインでした。
私は文系なので理系のことはとやかく言えませんが、ドラゴン桜はあくまで漫画です。東大合格法については、当たり前のことを書いてあるだけかもしれません↓↓  しかしドラゴン桜の影響で本当にお東大に合格する人もいるかもしれません!!!しかし最も大切なのは受験テクニックではなく、「努力」「集中力」だと私は思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。。
 
この本こそ「東大は簡単」という証左?(2005/08/26)
『ドラゴン桜で「宇宙人」と畏敬される東大理?合格者が検証する
「ドラゴン桜」の学習法の本』、ということですが、
一部正しい記述はあるものの、むしろそれは「少し調べれば分かる」範囲に限られ、
「ドラゴン桜が間違っている」という部分の大半が「反論になってない反論」である気がします。
各章の最後で勧めている参考書も
「東大志望者なら誰でも知っている」ような本ばかりで、
結局「いわゆるできる(できた)生徒の視点」に過ぎず、
全く参考になりません。
こういう学生が「東大理?合格者」というなら、
「理?のみならず東大そのものが簡単」ということになり、
「ドラゴン桜」が正しいという証左になってしまう気がしたのですが・・・
 
タイムリーな検証(2005/07/18)
「ドラゴン桜」で桜木他が主張していることの中には、首をかしげる点も相当あった。
(例;偏差値36から東大というテーマの関係上、必要以上に「東大はやさしい」と誇張しすぎている部分、あるいは受験戦略上明らかに誤りと思える部分等)
客観的に是々非々の立場を貫いている本書は極めて有用である。
 
ドラゴン桜を検証!!東大合格法
タイトル:ドラゴン桜を検証!!東大合格法
定価:\1,470
販売価格:\1,470
発売日:2005/07
著者:2005年理3合格者有志
出版社:データハウス
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:11 時点のものです。

ドラゴン桜の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp