春江 一也の本

カリナン

 
安心して?読めます。(2005/02/20)
前作2作、歴史的局面を踏まえた長編大河ロマン小説だったのに比べ、このカリナンはフィリッピン、ダバオを舞台に繰り広げられる心温まる物語です。フィリッピンの抱える問題も外交官としての視点から語られていて、興味深い事実を知りました。物語中盤、私達読者は、初老を向かえ、老練な外交官 堀江亮介に逢う事になります。上品さは相変わらず、思い出のあのカフスボタンをつけての心憎い演出です。この小説にもクラッシック音楽がダイヤのようにちりばめられていて、物語にムードを与えています。でももう少し、はらはらどきどきしたかったかな・・・春江氏の次回作に期待します。
 
3部作の最高峰(2004/04/24)
前2作を読んでから数年が経過し、今回『カリナン』を読みました。現地での勤務を踏まえての、詳細な分析と記述には毎回のことながらノンフィクションを読んでいるような感覚で一気に読めました。私の祖父はフィリピン・ネグロス島で戦死しているので、完全に引き込まれつつ、物語の展開を見つめました。いつか近い将来にフィリピンに行ってみたいと思っています。『バナナと日本人』以来、フィリピンの農業にも関心があります。この本はお勧めです。
 
フィリピンで起きた奇蹟のストーリー(2002/11/09)
春江一也さん、期待通りっ!!と叫びたいくらいの改心の一作。
フィリピンと日本の、語られることのなかった悲惨な歴史を通して描かれる奇蹟の再会とほのかな愛のストーリー。
プラハの春やベルリンの秋のような強烈な性描写はなく、落ち着いて読める。
読んでよかったと思えます。
 
カリナン(2002/07/30)
プラハの春、ベルリンの秋に続きかなり期待してカリナンを手にしました。ヨーロッパの歴史と一味違ったアジアの歴史的背景がよくわかり、興味を引く部分が多く、次はどうなるの・・・という感じであっという間に読めました。作者にまた次をよろしくお願いします。と、いいたくなります本でした。
 
カリナン
タイトル:カリナン
定価:\1,680
販売価格:\1,680
発売日:2002/06
著者:春江 一也
出版社:集英社インターナショナル
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

春江 一也の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp