沢木耕太郎の本

勉強はそれからだ―象が空を〈3〉 (文春文庫)

 
人生に価値を見出すとすれば(2007/08/10)
ひょっとしたらほとんどの人がくだらない人生を送っているのかもしれない。それを打ち破るとしたら、ほんの少しの発想の転換、そして手元にある新たな発見に感動することくらいかも。僕は沢木さんの作品に巡り逢えて本当に幸運だった。
 
試行錯誤で切り抜けよう(2002/09/17)
題名に釣られて買ってみた。氏の軽妙で分かりやすい文章には好感がもてた。彼が辿った人生もとっても参考になる。結局人生はあれこれ考えても、下手な考え休むに似たり。とにかく行動してみよう、ということだろう。特に、週刊誌でみんながしっていることなんて、明日にはみんな忘れてしまって結局ごみとしての知識にすぎないことも、まったく同感である。なんといっても自分には関係ないから。
人間は自分の欲することしか、結局見ないし聞かないのだから。「象が空を飛ぶ」というガルシア・マルケスの話、言いえて妙である。
マスコミに翻弄されることなく、自分の考えをハッキリ持つ、いいキッカケになるかもよ。
 
勉強はそれからだ―象が空を〈3〉 (文春文庫)
タイトル:勉強はそれからだ―象が空を〈3〉 (文春文庫)
定価:\470
販売価格:\470
発売日:2000/03
著者:沢木 耕太郎
出版社:文藝春秋
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:15 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp