沢木耕太郎の本

路上の視野〈2〉ペーパーナイフ (文春文庫)

 
冴え渡る名刀の奥義(2005/08/21)
著者の沢木氏が読んだ本の評論や作家作家についての論集。
紹介している本を手にとりたくなるのはいうまでもないが、
著者の文章の感性の良さと面白さに、もっと快感と興味を覚えてしまう。
作中で評論している本をいかにして自分の感性で捉え、その本よりも
面白く論じようかと格闘する氏の筆致が、この本を単なるエッセイ以上に
熱の感じられる読み物にしているようでならない。

面白い本とは、ひれ伏す相手ではなく、自分の筆の冴えを披露する
格好の相手なのだという、彼が挑んだ他流試合の数々を見るような
スリルにあふれる一冊である。
評論を書く人は是非一度読んでみることをお勧めする。
 
路上の視野〈2〉ペーパーナイフ (文春文庫)
タイトル:路上の視野〈2〉ペーパーナイフ (文春文庫)
定価:\500
発売日:1987/02
著者:沢木 耕太郎
出版社:文藝春秋
形態:文庫
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:15 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp