沢木耕太郎の本

テロルの決算 (文春文庫 (209‐4))

 
文学の域に昇華された傑作ルポタージュ(2008/12/21)
1960年に起きた、浅沼稲次郎社会党委員長暗殺事件をテーマにしたルポタージュ。

誰もが昭和史の映像で見た事があるだろう。演説中の浅沼が、演壇に駆け上がった山口ニ矢少年に刺殺された事件。この事件を、著者沢木は、浅沼、山口の人生を対比させながら丁寧に描き出す。

戦前からの筋金入りの社会主義者でありながら、戦争期に大きい挫折を味わい、終戦後も、豪放磊落な見た目とは裏腹に、孤独な道を歩まざるをえなかった浅沼。聡明で純粋すぎるがゆえに、既存の右翼活動に飽き足らなくなり、やがてテロルの道を歩まざるをえなくなった山口。

二人の人生は、いくつもの偶然が重なり、やがて、まるでこの日が神に用意された舞台だったかのように、暗殺という悲劇として重なっていく。

高度経済成長より前、日本がまだ貧しく、誰しもが安保問題で政治に無関心ではいられなかった時代だ。この”政治の季節”特有の熱気を、沢木は、テロルという、異質のモチーフをもって描ききった。

昭和も遥か昔になった今、あらためて日本が歩んできた道のりをふりかえってみるのも一興だろう。本書は、そんな昭和の一面を鋭く切り取った、ルポタージュの傑作だ。
 
僕が政治に興味を持つに至った事件(2008/06/29)
昭和35年、僕は小学校5年の秋のこと。多分友達と遊んでいた。そしてまたも多分土曜日(か日曜日)・・家に父がいたと思うから。当時は土曜日は昼まで努めていた時代。何か忘れ物をしたかの理由で家に帰ったら、お父さんが「えらい事になった」と唸っていた。「浅沼さんが刺された」「浅沼さんって誰?」「社会党の偉い人や・・」・・・まあこんな会話をした記憶がある。でも僕はそれから遊びに出て行ったからのん気なものである。その後、テレビや新聞で刺したのがまだ若いお兄さんであったこと等々、さらにすごく有名になった刺された瞬間の1枚の写真。ある意味でものすごく心の中に残った事件であった。ただ昨今の秋葉原の事件と違って人を刺すのは一緒でも昔のは「考えさせるもの」があったですね。
後日、事件のあった日つまり昭和35年10月12日を調べたら土曜日でも日曜日でもなかった。でもあの日、確かにお父さんが家にいたよなあ。
 
ドキュメンタリーの原点とも言える傑作(2008/05/04)
昭和35年に起きた社会党委員長浅沼稲次郎刺殺事件を扱ったドキュメンタリー作品。犯人と浅沼の生い立ちから事件までの経緯が関係者を含めて小説風に語られるのだが、豊富な取材に裏付けされているため、語り口に不自然さを感じさせない秀逸な出来。事件が起きた時、私は4才。事件の概要は後に知るのだが、右翼の若者が社会党の委員長を刺すと言う、余りに図式的な構図に当時は興味を持てなかった。本書はそれを覆す出来。

本作は戦後のマルクス主義の蔓延とその反対勢力との軋轢を背景に、全く異なる人生を歩んでいた二人をカット・バックで描きながら、最後に両者の運命がクロスする様を巧みに活写している。本来なら、犯人のみに焦点を当ててしかるべき所を、被害者の浅沼の人生をも追った事で物語に厚みが出ている。何より二人の人間性の掘り下げが深い。犯人も単純な右翼の活動家としてではなく、家族関係や本人の純粋さから、徐々に孤立感と焦燥感そして誤った使命感を深めていった人間として描かれる。また、茫洋としたイメージが強い浅沼に、このような紆余曲折した闘いの歴史があった事にも驚かされた。疲弊の果ての"マアマア居士"であり、彼も孤独の人だったのだ。麻生久なるボス的存在も初めて知った。二人の人生ドラマを描きながら、戦後の社会党の混乱を初めとする"時代"の空気を濃密に描こうとした意図が感じられる。

その時代の中で、偶然と必然の積み重なりの末に起きた凶行を、緊迫した筆致で描き切ったドキュメンタリーの傑作。
 
愚直なまでに直線的に生き抜いた2人の人生の交錯を描く。(2008/02/03)
 日比谷公会堂で演説中に刺殺された、浅沼稲次郎と17歳のテロリスト山口二矢の人生の交錯を描きだしている。人生の長さは異なるが、2者が辿った愚直に、そして直線のような人生を丹念に調べ、そして交錯までの過程を冷静に綴っている。人物を生き生きと描き出す著者の力量に唸らされた。
 
当人より父親のほうが面白い(2008/01/20)
すべてのモヒカン族は道を譲れ!!!!!!
一言で逝ってしまえばそういうことになってしまう罠
犯人の少年や刺殺された浅沼委員長のことより少年の父親が素敵すぎる
少年は周りの人間に影響を受けたり葛藤をしつつ成長してああなってしまうのだが
父親のほうは自由主義者でかついろいろあって大物自衛官なんだけど
事件の後も自分と息子はまったくの無関係と辞表をなかなか出さなかったり
取り調べ中に社会人入学する大学の入学式にいかないと、ってなったり
情に厚いけど基本的には理を突き通す人間であるわけ
モヒカン族が父親になって頭のいい子供を育てるとどうなるか
そういう事例といえるかもしれない。いや、ならないな
 
テロルの決算 (文春文庫 (209‐4))
タイトル:テロルの決算 (文春文庫 (209‐4))
定価:\540
発売日:1982/01
著者:沢木 耕太郎
出版社:文芸春秋
形態:文庫
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:15 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp