沢木耕太郎の本

酒杯を乾して 沢木耕太郎ノンフィクション 9

 
旅行記として読める観戦記(2005/01/29)
 本書の大半は既発の「杯」ですので、もうすでに買ったり読んだりしてる人には少し物足りないかもしれませんが、フォアマンVSホリフィールド戦のルポ「象が飛んだ」は必読だと思います(ちょっと短いですが…)。
「杯」(日韓W杯観戦記)ですが、もう一度あらためて読みかえしてみると、
試合内容の詳細なルポよりも、その背景で著者が韓国のアパートを拠点としながらいかにして日本と韓国を行き来してきたのかだとか、あちこちで起こるちょっとしたトラブルだとか、韓国の人々とのふれあいだとか、
また、そこで聞かれる共催国日本に対する微妙な感情とその後の揺れ動きなどの方が面白く読めたりしました。
 本書に収められた観戦記は時間軸的には古いものから新しいものと様々ですが、
リアルタイムで観てないもの、記憶がないものも
まるで旅行記のように楽しく読ませてしまうは、この著者のひとつ真骨頂と言えるでしょう。
 
リアルタイムで読めない観戦記集(2005/01/04)
作品集「沢木耕太郎ノンフィクション」において「観戦記」というカテゴリーで編纂することに異はない。だけれど単にコレクションとして蒐集するならまだしも、最初から最後まできちんと読み切るという行為をした場合、記憶が風化した彼方にある「観戦記」をどのように読んだら良いのだろう。たとえば、ぼくが物心つく前に日本で初めて開催されたF1グランプリの風景。とっかかりがないものだから流して読んでしまった。最後に収録されている2002年のワールドカップの模様もけっこう忘れていることが多いことに気づく。全集に収録される書簡集みたいなものだと割り切って、沢木耕太郎の文章なら何もかも読んでおきたい、という人にはおすすめできるだろうか・・・・・・。
 
酒杯を乾して 沢木耕太郎ノンフィクション 9
タイトル:酒杯を乾して 沢木耕太郎ノンフィクション 9
定価:\2,000
販売価格:\2,000
発売日:2004/12/10
著者:沢木 耕太郎
出版社:文藝春秋
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:15 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp