沢木耕太郎の本

沢木耕太郎ノンフィクション 4

 
初めて読んだ沢木さんの著作。良かったです。ベトナム行きたいなあ。(2003/10/15)
沢木さんの著作を始めて読みました。良かったです。
ブラジル、ベトナムの旅、その様子が伝わってくると共に、沢木さんが感じた気持ちを少し共有できたような気がする本でした。

ボランティアでベトナムの植林に取り組んでいます。ボク自身はまだ行ったことがないのですが、行きたいという思いが強くなりました。そしてマジェスティックから夜景を見てみたいですね。
久しく旅に出てないよなあ。
 
旅の前後の沢木耕太郎(2003/08/13)
深夜特急に触発され、ユーラシアを巡って7年経ちあらためて彼の総編集を読みました。
彼の沖縄、北海道における取材のしつこさにはあらためて感嘆しました。
そして、近年行ったベトナム。ここで彼は貧乏旅行ではなくいわゆる観光旅行について肯定的な文章を書いています。年月が走させるのか、壮年期を迎える心境の変化なのか。

どちらにせよ、深夜特急を読んで旅をしてからTRYする書物という位置付けです。
 
旅は本当の豊かさを教えてくれる(2003/08/02)
初めて著者の作品を手にしたがとても良く、読後さわやかな気持ちになる一冊だった。

与那国、北方領土を望む根室で、著者は地元の人たちの本音をみごとにキャッチし、歴史と人々の生活の変化を描き出すことに成功している。

キャパのパリ、二度目の香港などでは自分の過去と対話、恐る恐る若かりし日々を想う。そしてマラガ再訪では過去にやり残したこと、未来へ挑戦する決意に勇気を感じた。

アマゾン、ベトナム。名前を聞いただけでわくわくするような土地を訪れるが、様々な困難に遭遇する。しかしそんな不安や、未知との遭遇すらも著者は軽やかに、まるごと楽しんでしまう。心の持ちよう次第で人生はいかようにもなることを教えてくれる。

「お腹が減ったらおにぎり一個で幸せになる。」と著者は???う。旅は人が生きるのにそれほど多くのものはいらないことを教えてくれるという一行が忘れられない。
 
深夜特急を読み返したくなった(2003/07/24)
第4巻目に収録されているものの大半は「イルカと墜落」、「一号線に北上せよ」に収録されている。しかもこの2冊はけっこう最近に発売されたばかりのものなのだ。期間を置かずに再読することになったが楽しく読むことができた。後半はヴェトナム紀行が占めるのだけれど、ヴェトナムに行ってみたくなった。同僚のお姉さんがヴェトナムにはまって会社でまとまった休みが取れるとすぐさまに空の人となってかの地に向かうのだけれど、なんとなくその理由の一端がわかるような気がした。
 
旅をすることを見直す一冊(2003/07/13)
もともと沢木さんの文章が好きで、購入した一冊。
そんな思いをはるかに超えて、心を飛ばしたくなる衝動に駆られてしまった。
旅をして心が少しでもたくさんのものを受け入れようとするのは、きっと
誰もが同じだとは思うけれど、そのことにまっすぐ目を向けて自分の心を
探していたら今までの、これからの旅は変わったものになるのだろうなぁ、と。

あれこれ考えずに彼の心の旅景色を楽しむのもよし、深く探ってみるもよし。
ちょっとした日常生活のスパイスになる気がします。
 
沢木耕太郎ノンフィクション 4
タイトル:沢木耕太郎ノンフィクション 4
定価:\2,000
販売価格:\2,000
発売日:2003/06/27
著者:沢木 耕太郎
出版社:文藝春秋
形態:単行本
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:15 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp