沢木耕太郎の本

飛光よ、飛光よ (深夜特急)

 
ワレ到着セズ(2009/05/24)
1992年10月リリース。実際に旅をしたのは26才、この第三便のリリースはその17年後の43才の時と言うことで、第二便からも6年が経過している。その意味でいささか『連続性』が薄れるのは感じるが、旅自体の魅力は減少しない。この『3』でついにアジアを離れ、ヨーロッパに入る。印象的なシーンが数多く登場する。そして歴史的建造物よりも、その土地の人に旅の魅力を感じる視点に共感を覚える。

ここに来て多くのデジャ・ヴを体験し、ゴールを意識するようになっている心理的な変化を語りはじめる。最終巻でこの気持ちがどうなっていくのか、が最も興味あるところかもしれない。

旅の終わりを惜しむ気持ちがある一方で、どのようなルートでおしまいにすべきか、また、どこを観てからゴールに向かうべきかを考えるシーンが増えてくる。この巻に登場するポルトガルは文庫版第二巻での高倉健氏との対談で高倉健氏が最も好きな場所としてあげたところであり、筆者も印象深く思っているのが分かる。90エスクド(当時約900円)で彼を海を望む最上の部屋に泊めた老婦人と髭の息子のシーンがとくに好きだ。

そしてロンドンについての電報のシーンが心に残る。これほどの旅を経験できる人が何人いるだろう。心が固まりそうな時、何度も読み返したい作品だ。
 
著者はついに、最初から決めていたロンドンの中央郵便局に到着した。ところが・・・!(2004/05/28)
旅を終えるとは、どういうことだろう。

帰りたくない。いや、日常生活に戻りたい。という、葛藤。

気ままな旅だけに、どこで旅を終わりにしようかという模索。

そして著者はついに、最初から決めていたロンドンの中央郵便局に到着した。
ところが・・・!
このどんでん返しが、また、面白かった。
 
飛光よ、飛光よ (深夜特急)
タイトル:飛光よ、飛光よ (深夜特急)
定価:\1,680
販売価格:\1,680
発売日:1992/10
著者:沢木 耕太郎
出版社:新潮社
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:13 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp