ローマ人の物語の本

ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず

 
多くの人がこの書を推薦する意味がわかった(2009/06/24)
ローマ帝国の建国から国際舞台に顔を出し始めるまでの500年間を記した歴史書だが、
単なる歴史書とは全く違う。

ローマ人と近隣民族との性向の違い、各政治体制の利点と欠点、宗教感の違い、
都市工学等を深く掘り下げ、ローマ史および近隣の強国ギリシア,エトルニアの歴史を語っていく。

また、世界史、現代の観点を常に頭において、一つ一つの事象を考察していく。

更に驚くのは、この書執筆において著者が参考にした文献についての語り。
いかにローマの真の姿を描こうとしたか,
いかにローマを愛しているかという情熱が伝わってくる。

この様な歴史書に出会ったことがない。
多くの人がこの書を推薦する意味がわかった。

まだ第一巻であり、先は気が遠くなるほど長いが、それが楽しみに思える書。
 
過去を振り返り、将来の責任を担う(2009/05/16)
中世ヨーロッパの中心的なイデオロギーについて歴史をダイナミックに
熱くも時にはクールに紐解きながら、同時に日本のこれからを考えることの
できる一冊
ローマから学ぶこと多し!
読み応えあり、弱体化して統治しようとしたローマ帝国の衰亡からは
現代社会の抱える国家間の緊張状態、多種多様性、内包する諸問題を
考え、国家というものがどうあると良いかを考える機会となった。
戦争を知らない年代だからこそ、読まなければならないと思う
核被爆国に生まれ、育ち、次世代に何を残し、伝えるか
知識を智慧に代える道具となる一冊です。
何を感じ、何を考え、何を学ばんとす?
全巻制覇!
 
記念すべきシリーズの第1作目!!(2009/01/15)
『なぜ、ローマだけが?』

本シリーズの主題ともいえる疑問からスタートした著者渾身のシリーズの幕開けである。
2,800年前から始まった大帝国の栄枯盛衰の影に見え隠れする歴史は、
まさに人間が作ってきた歴史である。

大帝国への一歩を踏み出す本シリーズは、
実はローマの全ての魅力が網羅されていると言って良いだろう。

そして、ローマ人が持つ先天的なものも影響しているが、
決して独りよがりにならずに、
隣国を見本にしてきたのだという事実に驚嘆した。

本書では『なぜ、ローマだけが?』の問いに対する答えは少ししかない。
しかし、その片鱗を充分みせつけながら巻を終了する。
『ギリシアは衰亡し、なぜローマが?』の答えは、
そのまま現代のわれわれにも当てはまる。

歴史から学ぶことの重要性は、
人間から学ぶということでもあるということを改めて提示した本書は、
珠玉の言葉がたくさん詰まった宝石箱でもある。
 
実際にローマ誕生の時に作られた基本形が、その後のローマを形づくっていったことがよくわかった。(2008/11/16)
本書は、遠い昔の出来事を、生き生きとした人間の物語にして伝えてくれている。
興味深いのは、至る所に著者の考えが盛り込まれているため、単なる歴史書ではない、我々にも考えさせてくれる時間を与えてくれて、ぐいぐいと引きつけてくれるものがある。

副題「ローマは一日で成らず」とあるが、実際にローマ誕生の時に作られた基本形が、その後のローマを形づくっていったことがよくわかった。
すなわち、ローマの創始者ロムルスは、最初に戦った敵国サビーニ族に対し、対等な市民権を与え、かつ共同統治を申し入れたことに始まるのである。
この統治方式は、その後のローマの拡大に決定的な役割を与える。

本書は、ギリシアについてもかなりの記述を割いているが、いまの民主主義の政治体制の基礎ともなる、当時の選挙制度にも多くの試行錯誤の跡が見て取れて、実に興味深い。

それにしても、今の混迷を極める我が国の政治体制と、当時の試行錯誤で修正に修正されてきた政治体制とがほとんど変わりがないようにも見えてくる。

しかしながら、いつも政治体制を見直すきっかけとなったのは「戦争」であったのは、何か残念な気がする。
 
古代ギリシアに限った評価(2007/05/11)
私が判断することができるのは古代ギリシアに限られますが、その範囲内で判断すれば、かなりいい加減な叙述がされているといわざるを得ないです。もう少し、正確に書いてほしいし、あまりにも古臭い歴史認識で、残念です。
 
ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
タイトル:ローマ人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず
定価:\2,415
販売価格:\2,415
発売日:1992/07
著者:塩野 七生
出版社:新潮社
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:11 時点のものです。

ローマ人の物語の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp