沢木耕太郎の本

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

 
「わからない」からこそ旅をする(2009/07/26)
 第2巻はようやく香港を離れ東南アジアへ。第1巻と違いマレー半島を一気に南下するため、人や場所との出会いがテンポよく描かれ、まるでロードムービーを見ているような感覚で読める。また、旅人が「金が無い」と言って断ることについて長々と考え込んだり、自分がなぜこの旅を始めたかということに初めて向き合うなど、香港の幻影を求めては落胆し、ややテンションが下がっているせいか、内省的な、いい意味で言えば沢木の心の動きを丁寧に追った巻とも言える。

 特に169ページからは、心に書き留めておきたいような、重く響くような述懐が続く。自分でもよくわからないからこそ、沢木は言葉を尽くして、回想と解釈のループを繰り返して、何とか納得のいく答えのようなものをねじり出そうとしている。旅先で世界一周をしている人に「日本に帰ったらどうする予定なんですか?」と訊いたことがある。「まぁ、それはその時考える」「よくわからない」だったり、非現実的な答えが返ってきたりして、その曖昧さが自分の心を曇らせた。当たり前だけど、彼らは未来のことなど「わからない」からそこにいて、「わからない」ままそこにいるのだ。その「わからない」の一線はまだ越えられそうにない。

 かくも回りくどい、明快な答えなど出ようのない魂の彷徨は、今も昔も人種も国籍も関係なく、バックパッカー普遍のものだ。それを初めて言葉にしたからこそ、『深夜特急』は今も新たな読者を増やしている。
 
旅は人と出会うために行く(2009/05/09)
オリジナルは1968年5月リリースの『深夜特急 第一便』。本書はその後半部分を文庫化したもので、1994年3月25日リリース。文庫化の巻末には俳優高倉健氏との『死に場所を見つける』と題する1984年1月に掲載された対談が加えられている。この対談が本編と並ぶくらいに面白くて、文庫版をこの部分だけでも手にとって読む意味はある。

第二巻は『マレー半島・シンガポール』である。ぼくは10年ほど前にマレーシアを夏休みに一週間かけて車で縦断した経験があるので、特に興味深かった。ぼくの印象に最も残ったマレーシアはこの本にも乗り合いタクシーの部分で出てくるが『スピード狂』である。国民総スピード狂ではないかと思うほど、恐ろしいスピードでかなり古い車が文字通り飛び回っていた。バスを乗り合いタクシーが追い抜くシーンはそれと重なってしまって思わず頷いてしまった。

ここまで読んでみて思うのは、旅というのは名跡を見歩くのが楽しいのではなくて、そこにいる人たちと触れ合うことにこそ楽しさがあるのだな、ということだ。特にシンガポールのあたりでそう思った。そしてただただ羨ましい。ホントに羨ましい。そういう本である。
 
マレー半島 香港・マカオとは一味違う旅の行方(2009/04/18)
沢木耕太郎の深夜特急シリーズは、バックパッカーの永遠の愛読書と同時に、今なお青春の書の代表のようなものでもあります。
全てを投げ捨てて、気ままな一人旅をしたい、と思ってもままならぬ現実があるわけで、本書を読む人は、沢木の行動に自分の夢を託しているのかもしれません。忙しく生活に追われる現代人にとって精神の開放につながる書籍でしょう。前作の香港・マカオの熱を帯びた文章と比較すれば、少し冷静な沢木を発見します。

アジアでも微妙に国民性が違い、それは、タイ、マレーシア、シンガポールと下るに従ってそれぞれの違いがはっきりしてきます。安宿を探すあまり、ペナンの娼館に泊まり続けるエピソードが興味をひきます。ヒモの生き方の大変さもうかがい知れました。沢木は冒険野郎ですが、このように冷静に人間の優しさ、悲しさを感じ取るという感性の豊かさが読者に心地よいのです。人との関わりを避けるように日本を離れながら、旅人は異国の旅先で人との関わりを持たざるを得ませんし、持つことを欲します。旅の醍醐味と真髄がここに出ているようです。

その昔、本書で描かれたペナン、クアラルンプール、シンガポールを旅行したことがあります。本書を読むとそれがいかに表面的なツアーだったかと思い起こしています。
沢木のような旅は、人々の間に入り込み、同じ食べ物を食べ、生活を一緒にすることで、深くその土地に根付き、その個性を浮かび上がらせます。それゆえ、同じ国でありながら全く違う印象を感じ取りました。

対談の高倉健との「死に場所を見つける」も面白く読みました。寡黙な人というイメージの高倉健が沢木と意気投合して様々な旅について語る話は本編とは別の意味で興味を惹きました。
 
娼婦達と野郎ども。(2008/07/28)
香港を出発して、マレー半島を下ってシンガポール向かう第2巻です。

なんといっても娼婦の館での件が面白すぎました(笑)。なんか陽気で和気あいあいとしてる
雰囲気が伝わってきて思わずニンマリ。娼婦にたかるヒモの若者達なんてギャグにしか思えな
いが世界は広いもんだ(笑)。

前回から亘って、同じアジア圏でも色々と差異もあり読んでて面白いですね。何か旅先で
出会う人々をみてると、やっぱ日本人って真面目なんだよなぁ〜と感じます。まぁそのぶん
つまんないのかもしれないけどね。

人物描写もいいんだけど、食べ物の描写がいいな〜。僕なんか普段食べたか食べないかわか
らないぐらい、食べることにこだわりも執着もない人だが、これ読んでると不思議なことに
無性に食い意地がはってきます(笑)。なんかどれもこれも美味しそうに思えてくる。

あと巻末についてる対談は高倉健さんとです。「死に場所を見つける」なんてヤバイぐらい
カッコいいタイトルだが、内容も渋くて勉強になりました。オススメです。
 
曜日の感覚がなくなるなんてイイね(2008/07/07)
 私達はどこか別の世界に連れて行ってくれることを期待して本を読むことが多いです。この本は、ページをめくればいとも簡単に夜行列車の旅をしたり売春婦の館に泊まったりできてしまいます。
 バンコクやシンガポールなどの都市は魅力が少なかったようですが、その分、多くの人とふれあい多くの人の親切を受けます。白人や黒人と違って黄色い肌のアジア人同士だとどっかで分かり合えるような気がします。
 
深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)
タイトル:深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)
定価:\420
販売価格:\420
発売日:1994/03
著者:沢木 耕太郎
出版社:新潮社
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:13 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp