沢木耕太郎の本

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 
沈没と狂熱(2009/07/26)
 少しでも旅をするということに関心や憧れを持つ人間にとって、沢木耕太郎の『深夜特急』は麻薬みたいなものだ。活字が苦手の自分には有り得ないスピードで読み耽っている。26歳で思い立ち、70年代にいつ終わるとも知れぬ「酔狂」な旅に出たこの男に、今年25になってしまう自分は何かすがるかのように。

 個人的に面白かったのが、この小説が「沈没」から始まることだった。当時はそんな言葉は無かったんだけど、デリーでの倦怠に満ちた描写はまさにそれ。ドミトリーで起きたい時に起きて、ふらっと外に出て、食堂で安い定食を食べて、あとは眠くなるのを待つ。それは、後に香港やマカオ滞在時に饒舌に、そして興奮気味に語られる「狂熱」とはかけ離れ、ロマンのかけらも無いもう一つの旅のリアルだ。

 香港の熱気に促されるように、沢木はどんどん自分を開放し、自由を身にまとっていく。それは全身の血が入れ替わるように刺激的な毎日だったようで、香港の描写はとにかく躍っている。街の放つエネルギーを全身で受け止めて、五感で感じ取り、まっさらな脳ミソで情報をどんどん処理する。そして飽きることなく人を眺め、臆することなく人と交わり、いつしか旅人は観光客でも現地民でもない、「一種の透明人間」になっていく。これは長期滞在でないと得られない感覚で、本当にうらやましくなる。
 マカオでは、博打を止めようとする「賢明」な自分に抗い、とうとう猛烈な「衝動」が打ち砕く。負けて金がなくなったら、ここで旅をやめればいい。普通の旅人は、ここまでやけっぱちな心境には至れない。
 
わたしは「コレ」で、会社を辞めました。(2009/06/17)
19歳の時、この本を読んだ。
僕も26歳になったら旅に出よう、と思った。
26歳になった。深夜特急はしょせん夢だった。僕は現実の世界に生きていた。

29歳、もし明日死ぬとしたら何がしたい、と自分に問いかけた。

そして僕は、香港へと旅立った。
 
興奮の醒めない旅へ(2009/05/25)
これを読むのは10代でないといけない。もしくは25歳までに読まなければいけない。
旅の静けさ、熱気、胸の高鳴り。すべて私は感じてしまう。活字を追っているだけなのに。進むにつれてそれは徐々に薄くなるのだが、それでも私の心ははるか遠くのシルクロードにあるのだ。これを読むと必ず旅に出たくなるだろう。私はこのような刺激に遠ざかっていたし、それを求めていたのかもしれない。私が26歳になったときには、興奮の醒めない旅へ出たい。
 
人それぞれ、旅の情景が、ある。だけど(2009/05/13)
私が海外に行ったのは、ほぼ沢木さんの書いている内容とかぶっていた。
21でシンガポール・25で韓国。ここまではパッケージツアーだった。
そして29で、中国は珠海(マカオの隣の、中国の町です)に渡り、そこで暮らした。
それまでの2国は、まぁフツーに歩いただけだったけど、
国境一つ越えたとこにある香港とマカオは、「深夜特急」以上に刺激的だった。
この本を読むたびに、口にするのはおこがましいが、私と沢木さんは見事に同じようなことをやっていた。
「香港はエネルギーがいる」だけど、その刺激がたまらなく、いい。
私はその熱気にやられた旅人。いや、珠海住み着いたから旅人じゃなかったんだけど。
そこで女に恋し、熱い思いもした。
いつも、ビクトリアピークは美しかった。
ジャッキー・チェンの手形は、意外と小さかったのも知った。
マカオの海の匂いは泥臭く、香港は潮くさかった
読んでいると、出てくる情景は自分の旅だった。
 
流浪願望を焚きつける魔書(2009/05/07)
オリジナルは1968年5月リリースの『深夜特急 第一便』。本書はその前半部分を文庫化したもので、1994年3月25日リリース。文庫化の巻末には『香港』で名高い山口文憲氏との『出発の年齢』と題する1993年11月に実施された対談が加えられている。

本書は正に『流浪願望を焚きつける魔書』と言えるだろう。日々凡々と繰り返しで変化無い日常を過ごしている人間に、何故旅に出ないのか、という無言の力を放っている。おそらくは複数の人間は日常を切り上げ、旅立つことをしてしまっただろう。生きている、というのはそういうことではないか、と思える。

本巻では主に香港・マカオが描かれているが、無計画な体験が外連味無く、瑞々しく描かれ本当にステキだ。特に『大小』に魅入られていく姿と、取り巻く人々に『人』そのものを感じてしまう。何度でも読み返してしまいそうな唯一無二の作品である。
 
深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
タイトル:深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
定価:\420
販売価格:\420
発売日:1994/03
著者:沢木 耕太郎
出版社:新潮社
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:13 時点のものです。

沢木耕太郎の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp