ローマ人の物語(文庫版)の本

ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)

 
災害に倒れた皇帝、「記録抹殺刑」にあった皇帝(2008/06/14)
ローマを再び安定化させ、天寿を全うしたヴェスパシアヌスの後、皇帝についたのは、父とともに国政を担ってきたティトゥス。ヴェスパシアヌスによって、ユダヤ反乱平定という「箔」までつけてもらい、早い時期から次期皇帝継承者として仕事を任されてきティトゥスは、塩野氏によれば「(この人ほど)良き皇帝であろうと努めた人もいな」いというほど、真面目に精力的に皇帝の仕事に没頭します。しかし、その治世におきたヴェスピオ火山噴火とポンペイの消失、そしてローマの大火という度重なる大惨事。心労からか、ティトゥスは就任後2年で病死。とりたてて欠点(失政)のなかった皇帝を皮肉好きのローマ人が評した言葉「治世が短ければ誰でも善き皇帝でいられる」には笑ってしまいました。
ティトゥスの次は、その弟ドミティアヌス。死後「記録抹殺刑」の処される皇帝であり、よほどの悪政を行ったのかと思いましたが、ドナウとラインの両河をつなぐ「ゲルマニア防壁」を築くなど、後世にも残る(刑によって名は残らないけど)事業や施設を実施。しかし、その治世も暗殺によって幕を閉じます。
ドミティアヌスの項はその治世の長さ(15年)の割りに、「記録抹殺刑」の影響で資料が少ないせいか、塩野氏の記述もどこか淡々としていて、印象が薄いように思います。
ところで、本編の最後の「ローマの人事」の部分は、人材(国家のリーダー)育成の視点から
ローマの強さを感じさせる内容で、短いながらも佳い文章でした。
 
厳格すぎた皇帝の末路(2007/09/12)
不幸にも若死にしたティトゥスの後を受けたドミティアヌス。
正直そこまで悪い皇帝でなかったように感じるが、民意というのは移ろいやすい。
それにしても皇帝の急死や暗殺を経ても微動だにしないこのシステムは凄い。
楽しんでワクワクドキドキしながら読み進めていくような内容ではないので面白みに欠ける。この巻だけ極端にレビュー数が少ないのも頷ける。
付記の「ローマ詩人の生と死」が面白い。
 
皇帝ドミティアヌスはなぜ「悪帝」のレッテルを貼られたのか(2005/11/11)
ローマに平和と秩序をもたらしたヴェスパシアヌスの後を継いで、ふたりの息子たちが皇位に就く。長男のティトゥスは早すぎる死によって2年間で統治を終えなければならなかった。これから皇帝修行を始めようとしていた若き弟ドミティアヌスが急遽登板することになる。彼の能力は経験が乏しい故未知数である。ネロの二の舞になるのであろうか。否、そうはならなかった。いわゆる五賢帝時代へ着実にたすきを渡すのである。その彼が暗殺されてしまう。元老院、市民、軍人たちが反旗を翻したわけではない。その真相とは? またローマ帝国きっての歴史家と評されるタキトゥスにドミティアヌスはこき下ろされる。後世の歴史家たちの意見も順ずるようだ。しかし作家・塩野七生は反対論を展開していく。彼女の考えとはいったい・・・。
 
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)
タイトル:ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)
定価:\460
販売価格:\460
発売日:2005/09
著者:塩野 七生
出版社:新潮社
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:10 時点のものです。

ローマ人の物語(文庫版)の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp