ローマ人の物語(文庫版)の本

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)

 
「健全なる常識人」ヴェスパシアヌス(2008/06/14)
ローマ市街戦にまで発展したネロ死後の皇帝の座をめぐる争い。事態を収拾したのはシリア属州総督だったヴェスパシアヌス。場当たり的にその地位についたネロ死後の皇帝らと違い、彼は忠実な同僚のムキアヌスや息子ティトゥスと周到に準備をすすめ、皇帝の座につきました。
この高貴な生まれでもなく前線勤務の軍人から出世したヴェスパシアヌスの資質を、塩野氏は「健全な常識人」と評し、その資質こそが混乱の極みにあったローマを安定させるのに必要であったと論じます。
その治世は「歴史家に言わせれば特筆すべき事件は何もなし」。まさに健全なる常識をもって、ユダヤ反乱の収拾、財政再建(これも歴史家に言わせれば、歴代皇帝のなかで最高の国税庁長官)などにあたりました。特に印象的なのは、かつてアウグストゥスがこだわった「血」に基づく皇帝継承を、わざわざ法を作ってまで次期皇帝決定システムを制度化したこと。
生真面目さがにじみ出る施策によってローマが危機を克服していく様子が描かれています。いつもながら塩野氏の筆による人間ヴェスパシアヌスへの描写に、思わず親しみが湧いてしまいました。
 
ローマ帝国の懐の深さ(2007/09/07)
この巻で感じるのは、ユダヤ人の特異性だ。なぜ彼らはこの時代に既にここまで頑なに他者との同化を拒んで選民思想の虜になりえたのか・・・著者なりの回答を寄せてはくれているがそれだけでは納得できない部分がたくさんある。そしてそれが現代にまで根深く残っているのだから恐ろしい。自分達で街を作らず必ず出来あがった街に入り込むくせにそこで独自のコミニティを作り上げる。ユダヤ人については更に勉強したくなった。
そして、皇帝ヴェスパシアヌスの堅実な采配ぶり。それを支えたムキアヌスの辣腕。自分よりも優秀なものを迷わず登用し続けられたか、が前の3皇帝とは違ったところか・・・
そして、混乱を極めたローマの現状に便乗しガリア帝国を画作した者達を「ローマの混迷ゆえの行動」として「なかったことにする」というスタンスを貫く恰好良さがこの時代にもある。
 
ローマの危機管理(2005/11/15)
 ローマ帝国の「危機管理」の確かさが 実に読み応えがある。主導権を巡る内部闘争が 外部の反乱を招くというのは 現代の色々な「組織」でも良くある話だ。日経新聞を読んでいれば そんな記事は百出である。誠に 人間は2000年前と大して変っていない。

 そんな危機にどうやってローマ帝国が対応したのかが本書のテーマである。見事な危機管理振りには唸ってしまう。

 ここで塩野七生が追求しているのは その時点での登場人物たちの資質ではない。勿論 危機管理をやれた連中であり そもそもの個人の資質は高い。但し 塩野七生は そんな個人の資質に 危機管理の成功の原因を求めてはいない。むしろ カエサル以来のローマ帝国のスキーム自体に 成功の原因を求めている。そうして そのスキームを作ったカエサルを声を上げて賛美していると言って良い。そもそも この「ローマ人の物語」を書いている塩野七生の原点は「時空を超えたカエサルへの片思い」にあるというのが小生の 22巻まで読んできた実感である。

 それにしても昔のローマ人の危機管理は素晴らしい。時代を超えて 大変勉強になる。
 
「健全な常識」を持った皇帝の解決方法(2005/11/11)
ローマ人たちにとって悪夢の紀元69年が過ぎていく中、希望への光明が胎動していた。ヴェスパシアヌスとその仲間たちである。歴史というのは、後世から振り返るものである。カエサルやアウグストゥスのような比類なき才能に恵まれなかったヴェスパシアヌスの帝政時代に広大なローマ帝国に平和と秩序が戻ってきた。その結果を踏まえて塩野七生はこのような叙述する。当時のローマにおいて帝政というシステムが破綻した訳ではなかった。有効に機能させるための「健全な常識」を持ったトップが必要であったのだ、と。69年時の皇帝たちとヴェスパシアヌスの鮮やかなコントラストを描きながら、「健全な常識」とは果たして何か、複数の具体例を元にして紐解いていく。
 
いつもながらレビューになってないが(2005/10/31)
 素人の特権を利用させていただく。
 ローマの税率が低いのは、庶民が銀貨も金貨必要としなかった生活と、富の再分配にあるのではないか。
 古代はすべて人力に頼った時代である。使うのも牛か馬といった所だ。エサはそこらじゅうに生えていたであろう。道路をひくのは軍団兵の仕事。材料は石だ。アスファルトを生産する施設も敷設する機材も不要。矢も投げ槍も、先端を回収すれば再生産可能だ。暇なときの軍団兵の仕事に、矢の製作は当然入っていただろう。現代ではミサイル一発で兵士一人の年収が飛ぶが、投石機なら落書きに包まれた石が飛び交うだけだ。空母となると国家予算が飛んで行く。燃料?人なら小麦で済む。
 そしてローマでは、富の再分配を金持ちが名前が残るからと大喜びでやった国である。しかも国家の仕事を肩代わりしてくれたのだ。ローマが小さな政府でやっていけたのはこういう訳ではないだろうか。
 
ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
タイトル:ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
定価:\460
販売価格:\460
発売日:2005/09
著者:塩野 七生
出版社:新潮社
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:10 時点のものです。

ローマ人の物語(文庫版)の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp