井上 雄彦の本

スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)

 
”今度は嘘じゃないっす”(2007/08/10)
余裕をかなぐり捨てた山王と懸命に立ち向かう湘北の総力戦。
かつておミソだった花道がチームにとって不可欠な存在になったことを赤木が実感するくだりには、
これまで花道の成長をずっと見てきた読者としても思わずじーんとせずにいられません。
かつては晴子に近づくための手段に過ぎなかったバスケットボール。
そのバスケットボールをいつの間にか心の底から好きになっていた自分に気づく花道。
彼がケガを押して必死に戦う姿が疲れ切ったチームメイトを奮い立たせる・・・!
山王戦は全部通して読まなきゃダメです!
 
天才薄命(2006/03/13)
桜木が宮城に当たったルーズボールを拾うシーンがイイです(^^)
桜木のダンク後の回想で号泣でした(T_T)
その時のゴリをはじめとする他の登場人物の表情がたまりません(><)
 
究極のバスケ漫画(2003/08/18)
野球やサッカーを題材にした漫画はいっぱいあるが、バスケをテーマにしていて、なおかつここまで面白く人気のあった漫画はこの「スラムダンク」以外無いだろう。この漫画がきっかけでバスケを始めた人は大勢いると聞いた。それほど多くの人に読まれ、影響を及ぼした漫画。

まだ読んだことが無い人は、ぜひ読んでみて欲しい。
 
真の強さ(2003/07/04)
名作スポーツ漫画「スラムダンク」。不純な動機でバスケットを始める主人公、桜木花道の成長を描いた作品です。チームの仲間から不良仲間、対戦相手の面々とも個性だった名脇役の面白さ、井上氏の丁寧なのに独特な迫力のある画、破天荒な主人公と美男子、流川との確執など面白さ満点でたちまち大人気漫画になりました。この連載がはじまってからは日本各地で中学校、高校においてバスケットボール部員が増えるなど影響力のほどは計りしれないものでした。そのスラムダンクの本巻では王者・山王工業との戦いがついに残り3分を切った。超高校級エース・沢北の実力に闘志を燃やす流川。そして湘北は、2桁に開いた点差を1桁に追い詰める。だが山王は土壇場の真の強さを見せ始め…。
 
イイです。(2001/11/07)
桜木が湘北にとってとても大きな存在になっていたことを再確認できる一冊です。最強山王を相手に数々の奇跡を起こす湘北・・・。読んでみるべきです!
 
スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)
タイトル:スラムダンク (30) (ジャンプ・コミックス)
定価:\410
販売価格:\410
発売日:1996/08
著者:井上 雄彦
出版社:集英社
形態:コミック
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

井上 雄彦の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp