井上 雄彦の本

スラムダンク (3) (ジャンプ・コミックス)

 
本格的なバスケ展開スタート(2009/04/03)
柔道部勧誘編も終わり、いよいよ本格的にバスケ展開となる。
それに伴い、洋平ら、桜木花道の取り巻きの出番も徐々に減りつつある。
この巻の後半ではライバル校の陵南高校との練習試合も決まり、仙道や魚住なども登場して展開的にも面白くなってくる。

本巻では、桜木花道はドリブルやパスの基礎練習に始まり、途中いろいろあるが、レイアップの練習に入っていく。
花道は素人だが大いなる才能を秘めている、というのが作品を通しての一貫した描かれ方だが、
バスケットボールの技術的な訓練は基礎からちゃんとやっていき、だんだんうまくなっていく。
「それを認めたら何でもアリでしょ」的なスーパーパワーが発揮されることはなく、
それでも時として周囲を驚かせる才能と身体能力は作品の1つの見所だ。
この辺りのバランスが見事である。
 
究極のバスケ漫画(2003/08/18)
野球やサッカーを題材にした漫画はいっぱいあるが、バスケをテーマにしていて、なおかつここまで面白く人気のあった漫画はこの「スラムダンク」以外無いだろう。この漫画がきっかけでバスケを始めた人は大勢いると聞いた。それほど多くの人に読まれ、影響を及ぼした漫画。

まだ読んだことが無い人は、ぜひ読んでみて欲しい。
 
ドリブルシュート(2003/07/04)
名作スポーツ漫画「スラムダンク」。不純な動機でバスケットを始める主人公、桜木花道の成長を描いた作品です。チームの仲間から不良仲間、対戦相手の面々とも個性だった名脇役の面白さ、井上氏の丁寧なのに独特な迫力のある画、破天荒な主人公と美男子、流川との確執など面白さ満点でたちまち大人気漫画になりました。この連載がはじまってからは日本各地で中学校、高校においてバスケットボール部員が増えるなど影響力のほどは計りしれないものでした。そのスラムダンクの本巻ではバスケットマン・桜木花道。地道な基礎練習が実を結び、やっとシュート練習をさせてもらえることになった。スラムダンクがしたい花道だが、ドリブルシュートさえもままならず特訓することに…
 
ぜっってい見たほうがいい!(2003/04/21)
バスケ漫画。ほんとに読んでるとバスケがやりたくてうずうずして来る。モお最高!
 
スラムダンク (3) (ジャンプ・コミックス)
タイトル:スラムダンク (3) (ジャンプ・コミックス)
定価:\410
販売価格:\410
発売日:1991/07
著者:井上 雄彦
出版社:集英社
形態:コミック
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

井上 雄彦の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp