春江 一也の本

プラハの春〈上〉 (集英社文庫)

 
描写力は秀逸(2009/02/16)
 善悪や描写について、メリハリの強い作品。これを好ましいと感じる人には
没頭できる世界が広がっている。
 その昔教科書で読んだ歴史上の事件について理解を深める上では、好書と言
えるだろう。

「ベルリン〜」「ウィーン〜」の3部作の中では一番お勧めできる。
 
もっと知りたい(2008/11/01)
かなり面白いロマンス。
シリーズで読むともっと面白い。

面白いが故にさらに知りたくなるのが、著者の実体験と著書の相関。
外務省モノでは佐藤優氏の一連の傑作著書がある。
フィクションかノンフィクションかの違いはもちろんあるのでしょうが、
佐藤氏がかなり詳しく書き込んでいるので、春江氏の方にも興味津々となる。

それにしても登場するドイツ女性のなんと美しいことよ。
傑作。
 
政治、社会、そして人々の生活と、平和、幸せを考えさえる良書(2006/11/14)
最高の書です!
もう先が読みたくて仕方がなく、本を持っていないとそわそわしてしまうぐらい、実にすばらしい作品。
文句なしの最高偏差値75の評価です。
物語のおもしろさあり、歴史としてのおもしろさあり、
そして今後のさまざまな政治、社会を考えさせられる書としてもおもしろく、
ぜひみなさんに「すぐ」読んでほしい本です。

ちなみに上巻のはじめのプロローグはたった12ページといえどつまらないので、
ここでくれぐれも短気をおこして挫折しないように。

1968年、チェコスロバキアで起きた自由を求める民衆運動「プラハの春」が、
ソ連軍を中心とした共産主義国家に押しつぶされるまでの状況を、
日本大使館勤務だった外交官の著者の体験をもとに書いた作品。
非常に政治的な話だが、そこにうまいこと恋愛を織り込むことにより、
実に奥が深く、そして読みやすく、劇的な政治&恋愛ドラマとなっている。

本を読んで驚いたのは、旧共産主義諸国の政治のひどさ。
ここまでひどいとは思わなかった。
権力の集中による権力者のどうしようもない腐敗と、民衆の自由を制限する圧政。
権力内部にあっても密告や監視を恐れて誰も信用できない社会。
まるでナチスの生まれ変わりであるかのような、ファシズムの双生児といっていいコミュニズム。
その実態が赤裸々に書かれて、ここまで「東」側の国がひどかったことにショックを受けた。
 
レビュアー泣かせの不幸な乖離(2006/05/13)
上巻を読み終わるまで、この「作家」のあまりの筆力のなさに絶句していた。ふと気づいて著者の略歴を見てわかった。外交官であって、ゼニの取れる文章を書ける「作家」ではなかったのだ。
著者のステレオタイプは、いくつもの面に現れている。
「〜じゃ」「〜のう」で老人言葉、「〜ですわ」「〜ですのよ」で上品な女性言葉を表現する手口。こういう死語を用いなければ人物造形ができないとすれば、作家としてバンザイしたのと同じことだ(後者は初期の松本清張以来、お目に掛かったことがない。パソコンの画面上にはエラーを示す赤の波線が入る)。また、女主人公を追い回す冷酷にして好色な東ドイツの特務機関員の名に、かの絶滅収容所長「ヘス」の名を与えるとは…
上巻p171に書かれたナチス批判を読んで、この著者はいったいナチズムを勉強したことがあるのかと訝しんだ。著者の善悪二元論は、にっくき適役(要するに共産主義者=ファシストのすべて)を戯画化し、饒舌な罵倒を浴びせ続けることに終始する。小説で人間の卑劣さを感じさせるのは筆力であって、過剰な形容詞ではないというのに。
正義感に溢れた日本人男性と絶世のドイツ人美女。著者が彼らに託して開陳する人生論、恋愛論は、しばしば噴飯物だ。とくに恋愛(行為)の描写は壊滅的で、飛ばし飛ばし読みつつ、つまらないヴィデオを2倍速で見ているときのような虚しさを味わった
プラハの春はすでにのちの歴史によって「勝敗」のついた事件だ。にもかかわらずまさに今、歴史は繰り返しており、大国は戦車でなければ別のもので世界を手玉に取り続けようとする。それに抗して取りうる戦略は、たんに適役を徹底して醜悪に描くことではない。知っていることを書くだけでなく、知らないことを書かないこともまた小説作法である、ということを申し添えておこう。ロシア語、ドイツ語、言語学等について、知識がなければ生半可な引用はしないことだ。
豊富な証言と、お粗末な小説作法との不幸な乖離・・・

 
ボルダウ(2005/09/10)
歴史に翻弄されながらも、強く頑なにいた国民。この本によって私は、益々チェコに惹かれて行きました。堀江という若き日本人外交官が体験する様々な事柄を取り巻く、その時代のすべてが美しく描かれている。それは実際、今チェコへ行って実際に見ることの出来る町並みであり、色であり匂いである。14世紀から変わらぬプラハは幾つのも時代を経て人の短い歴史を彩るのだ。
 
プラハの春〈上〉 (集英社文庫)
タイトル:プラハの春〈上〉 (集英社文庫)
定価:\720
販売価格:\720
発売日:2000/03
著者:春江 一也
出版社:集英社
形態:文庫
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

春江 一也の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp