岩明 均の本

雪の峠・剣の舞 (講談社漫画文庫)

 
ぜひ表紙に騙されてください。(2006/10/21)
 買ったのは先に出た単行本ですが、こちらは表紙が古地図風。書店で見た時「おお」と思いました。岩明均の作品を知人に勧めると決まって「絵がちょっと…」と言われるのですが、これなら騙されてくれるかも。ぜひ騙されて読んで欲しいです。
 寄生獣もそうでしたが、人の痛みを描くのがすごく上手な方だと思います。さらっと描かれているのに、じわじわと胸にきます。
 雪の峠のクライマックス、川井伊勢守と義宣との温度差がたまらなく切ない。何度読み返しても泣けてきます。剣の舞は、女性にはつらい。ラストも辛い。でも繰り返し読んでしまう。ハルナの描き方がいいですね。無防備なくらいあっけらかんとした態度で、復讐のために剣を習う。それがかえってリアルに感じられました。(私だけですかね…)
 それぞれ小説一冊分くらいはありそうな話なのに、これで一冊とは。
 
勉強になりました(2006/07/17)
関ヶ原の戦い後、西軍に付いたのが災いし、東北は出羽国に封ぜられた佐竹家。ある日の会議で、城を改築する場所を決めるのに、新参の近習頭渋江内膳が出した提案と重臣達の提案とを巡って、城内は真っ二つに割れてしまい…「雪の峠」。現在の秋田市の輪郭を作った実在の人物渋江内膳が、重臣達の反対を飄々とした顔と態度でかわしていくのが面白いです。少女ハルナは剣豪上泉伊勢守の直弟子である疋田文五郎の元を訪ね、弟子にしてくれる様頼み込む。渋々引き受けた文五郎の熱心な教えと当人の素質で、短期間とは言え、かなり上達したハルナだったが、それにはある秘密が隠されていた…「剣の舞」。試合前に「それは悪しゅうござる」と相手に言ってから剣を振るうのが特徴だったと伝えられているこの人物。実は柳生新陰流にも勝っちゃってるんです。しかも生涯一度も負け知らずとか。いや〜強い!因みに、僕がお勧めするのは「剣の舞」です。上泉伊勢守秀綱が槍で敵方の雑兵を一寸刻みにするシーンは迫力があり、正に「舞い」と言って良い圧巻さです。また、二つの話が
決してハッピーエンドで終わらない所にも、岩明流の世界観が見て取れるでしょう。
 
面白い(2005/12/27)
 もはや歴史漫画家になってしまった岩明氏の時代劇漫画。
 
 「雪の峠」は、現在の秋田のもとをつくった渋江内膳の活躍を描いた短編。藩内の重臣たちの反対を、ひょうひょうとかわしていく渋江の描き方が面白い。
 「剣の舞」は、剣豪・疋田文五郎と無理やりに弟子となった1人の少女の話。柳生新陰流ときいて、興味がわいた人は、面白いと思います。

 受験には役に立ちませんが、人生には役にたつ。そんな漫画です。
歴史が好きな人もそうでない人でも一読してみてはいかがでしょうか。
 
歴史嫌いの私が面白かった歴史本(2004/12/15)
登場人物は、歴史の詳しい人に聞くと実在する人物らしいのですが、高校の頃に読んでいたらきっと歴史が好きになっただろうな〜と思わせる漫画です。ノンフィクションの部分と、作者の推測による脚色の描写もあると思うけれど、すごく本当っぽくて面白く、構成が私好みでした。寄生獣のような派手さはないけれど、2編ともしとしとと心に響く作品だと思います。作者の作品は全部読みましたが、どれも(誰もがそう思っているでしょうが)淡々としてるなーと思うけれど、「剣の舞」はちょっと泣けました。
 
岩明均の渾身の作品(2004/12/05)
「雪の峠」と「剣の舞」からなっており、「雪の峠」は関が原の戦いで西軍(石田光成軍)につき、常陸(現在の茨城県)から出羽(現在の秋田県)に追いやられた佐竹家が出羽の地での新しい領土を決める際に起きた若い部下と老臣の内紛を描いた作品。
「剣の舞」は武士に家族を殺された少女ハルナが新陰流の始祖上泉伊勢守の弟子疋田文五に剣術を習い、家族を殺した武士に復讐するというもの。どちらの作品も歴史的背景や人物も詳しく調べられており、読ませる作品だと思います。僕としては雪の峠がお勧めかな。w
 
雪の峠・剣の舞 (講談社漫画文庫)
タイトル:雪の峠・剣の舞 (講談社漫画文庫)
定価:\662
発売日:2004/10
著者:岩明 均
出版社:講談社
形態:文庫
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

岩明 均の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp