岩明 均の本

寄生獣―完全版 (5) (アフタヌーンKCDX (1692))

 
木枯らしのエチュード(2008/01/31)
寄生獣はキャラクターの行動がよく煮詰められており、その行動、ストーリーに説得力がある。また、一話一話が濃厚で目が離せない。
本巻ではパラサイト側の組織が徐々に明かされていく。そして、新一やミギーだけでなく田宮、パラサイト集団までも成長が見られる。だがそれよりも「後藤さん」がパンツ一丁でショパンを弾くコマは必見だ。「後藤さん」ならペダルは必要ない?
 
深い! 面白い!(2005/01/26)
大学生の頃によく行ってた喫茶店で読みふけりました.最初,「ホラー物か!?」と,びびったんですが,ストーリーに吸い込まれるようにはまってしまい,怖い描写も気にならずに読めました.深いです,名作です.是非とも読んでください.
 
泣ける。(2003/09/04)
普通の少年「新一」の右手に、ある日突然未知の生物が入り込む。その日からこの生物(ミギー)との奇妙な共同生活がはじまるのだが、未知の生物が他にも出現したり(しかもなぜか人を食う)、母親が襲われたり、学校が狙われたりと、めちゃSF系。

しかし、この作品の魅力はそれだけじゃない。・・・それだけじゃないんやけど、どこかってのが、うまく表現できん。ちくしょ〜(笑)
とにかく一度は読むべし!とにかく面白い。間違いなし。マンガ喫茶で読んでもいい。この愛蔵版はちょいデカすぎ。
 
寄生獣―完全版 (5) (アフタヌーンKCDX (1692))
タイトル:寄生獣―完全版 (5) (アフタヌーンKCDX (1692))
定価:\900
販売価格:\900
発売日:2003/03/20
著者:岩明 均
出版社:講談社
形態:コミック
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:12 時点のものです。

岩明 均の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp