ドラゴン桜の本

ドラゴン桜 (5) モーニングKC

 
国語とは、生きていく上での武器となるもの。(2008/01/30)
人間には、感情と理性がある。
感情によって生きていく者、感情と理性をうまく折り合わせて生きていく者、
理性のみで生きていく者がいる。
これら3パターンの人間が生きていくうえで必要なもの、それが国語力つまりは「論理」
である。
ドラゴン桜とは、「感情によって生きていく者」が勉強を通して論理を身につけていくマンガともいえる。
数学、理科、社会で得た知識を国語という論理で武器に変え、生きていくために、
勉強するのだ。
この意味で、5巻は非常に正しく、テクニック以前のものを教えてくれている。
 
考える。(2007/05/05)
国語の授業は、学問全てに共通する基礎中の基礎だった。
活字に慣れさせるために、面白い本を読ませる。行間を読み解く訓練のために、いろんなことに興味を持っていろんなことに疑問を感じる。主観にとらわれず客観性を持って物事を見る。
思考停止させずに常に「考える」ことは学問の基礎であり、最も重要なことだ。本当は、小学校の頃から徹底的に叩き込むべきことなんだろうなぁ。
 
社会人へのおすすめは、第5巻の芥山先生の国語(2005/08/14)
私のおすすめは、「僕が言い続けたことがこの中に全部描いてある」と、帯でホリ○モンが手柄を横取りするような図々しいことを言う第○巻、ではなく、芥山先生の国語の授業が受けられる第5巻です。

芥山先生が教えてくれる国語勉強法は、すぐに実行できる具体的なもの。国語は勉強しようのない科目、対策しようのない科目、国語に勉強法はない、というイメージを覆してくれます。また単なる技術だけではなく、国語の勉強は全ての基本であり一生の財産となる重要なものであるということも、芥山先生の説得力ある授業を通じて具体的に学べます。

芥山先生の国語勉強法にしたがってトレーニングすれば、受験生はすぐに国語の試験の得点を上げることができるでしょう。社会人の読者も、読書など日常生活を通じて今からでもすぐにトレーニングを始めて、仕事に役立てましょう。

全巻中、社会人の読者が得られるものが特に多い巻の一つ。
 
日本社会の構造変化を促す東大合格マニュアル本(2005/07/09)
日本社会の構造変化を促す東大合格マニュアル本
 
本音より建前(2005/04/07)
「本音と建前を使い分けることができない」と言う教師が登場する。しかし、これは甘えた考え方である。生きていくうえで建前は人間関係の潤滑油になる。東大受験ではないけれどこういうテクニカルな要素が生きていくことには必要だ。本音だけの世界があるとして、それは、窮屈で単純なものになるだろう。建前があってこそ複雑な人間関係が維持され、問題も最小限で抑えられる。また、この教師は生徒に善良で誠実な人間に育ってほしいと言う。しかしこの発言も非常に無責任な思考停止に陥っている。善良や誠実という言葉は、東大受験プロの芥山先生も4巻で一度否定しているが。何に対してそういう態度をとるのかという具体的なところまで考えていないところが問題だ。仮に、善良で誠実な人がいたとして、僕はまず、今の制度に忠実に従い今の価値観に従順な素直な青年を思い浮かべた。これは明らかに社会にとって弊害である。社会の制度自体、構造疲労を起こしていて古くなっているのにそれに従順だということ現実に即した新しい制度を作ろうとするものの足を確実に引っ張る。また、自分の信じる信念や特定の人物に善良で忠実であるということは、それ以外を認めない独善的な人物とも考えられる。このように、このようなあまりにも漠然とした理想は如何様にも解釈が可能なため、何も言っていないに等しい。この点から、この教師は自分の理想を具体的に考え、わかりやすいよう再構築する必要性があるといえる。
 
ドラゴン桜 (5) モーニングKC
タイトル:ドラゴン桜 (5) モーニングKC
定価:\540
販売価格:\540
発売日:2004/10/22
著者:三田 紀房
出版社:講談社
形態:コミック
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:11 時点のものです。

ドラゴン桜の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp