井上 雄彦の本

バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14) (モーニングKC (823))

 
漫画の枠を広げたね(2008/01/23)
小次郎編に入って作者は一皮むけたね。「漫画の枠を広げたい」って言っていたのを覚えてるけど、見事成功したと思う。
今は27巻まで発売しているけど、13巻から、この14巻も含めて、17巻までの漫画の書き方は、手塚治が目指し大友克洋が完成させた、映画的表現の更に上を行きましたね。
漫画で映画を作るというスタイルより、劇画みたいなタッチで絵そのものの魅力を伝える為に、出来るだけ一枚の絵の馬鹿みたいな動きを控えていると思います。
漫画の魅力と絵本の魅力をミックスさせた感じですね。
これは、従来の漫画を書くのが上手いと言われている人の画力では、絶対に辿り着けない領域です。
今まで本は、沢山読んできましたが、ここまでのエンターテイメントであり芸術は初めてですね。映画すら超えたかもしれない。
 
佐々木小次郎編。鐘巻、親になる。(2007/04/30)
14巻〜18巻では、佐々木小次郎が生まれてから武蔵に出会うまでの物語が語られる。
剣一筋に生きてきた鐘巻。たった5年で弟子の伊藤一刀斎に負かされ、生きる意味を失い死のうとする。しかし弟子の佐々木からその息子の小次郎を託され、小次郎のために生きることにする。剣しか知らない鐘巻、いや、剣すら忘れた鐘巻は、子育てに苦労する。金を稼ごうと剣術教室を開いても鐘巻の元に生徒は集まらない。小次郎の耳が聞こえないことも、伊藤に言われて初めて気付く始末。鐘巻は、自分に親の資格がないと感じて、ある農家の前に小次郎を捨てるが、すぐに引き取りにやってくる。その繰り返し。何をやってもダメな鐘巻は、農家夫婦に助けられながらなんとか小次郎の子育てをやっていく。
そうして小次郎は童にまで育つ。小次郎は、耳が聞こえないことでいじめられるが、逆に返り討ちにして友達を増やす。そして、ガキ大将の天鬼とも友達になる。
生まれながらに剣士・佐々木小次郎。耳の聞こえない剣を楽しむ男。不思議な魅力だ。
 
天才の軌跡(2002/07/04)
今巻は武蔵の最強のライバルとして歴史に名を刻んだ「佐々木小次郎」の内容です。途中で又八が小次郎の名を語っていましたが、実際の小次郎は?と思っていた人も多いはず。待ちに待った小次郎編スタートです。

読み応えもバッチリで早く次の巻が読みたくなります。ただ、途中で出てきたあのごつい奴が小次郎だとは思いたくありません。しかしそうすると何故あの手紙をあの男が?と謎が深まるばかりです。とにかく買って損無しの作品。おススメなので読んでみてください。
 
天才の軌跡(2002/07/01)
今巻は武蔵の最強のライバルとして歴史に名を刻んだ「佐々木小次郎」の内容です。途中で又八が小次郎の名を語っていましたが、実際の小次郎は?と思っていた人も多いはず。待ちに待った小次郎編スタートです。

読み応えもバッチリで早く次の巻が読みたくなります。ただ、途中で出てきたあのごつい奴が小次郎だとは思いたくありません。しかしそうすると何故あの手紙をあの男が?と謎が深まるばかりです。とにかく買って損無しの作品。おススメなので読んでみてください。
 
小次郎編に突入(2002/06/29)
宮本武蔵を追っていたストーリーが、佐々木小次郎の生い立ちという新たな
展開に突入しました。
敢えて原作?を読まずに居るわたしにとっては「バガボンド」自体が
大変新鮮です。武蔵・小次郎・巌流島程度の知識ですから…。

作品ごとに緻密で美しい線を描くようになられた井上氏ですが…。

時代物であり、「静」を主体にしているのかも知れませんがどのコマも
「一つの絵」になってしまっていてスラスラと読めないのです。
美しい風景、戦いの最中の武蔵や相手方の心の動き…そういう描写はとても
素晴らしいのですが、戦いの迫力までもが漫画ではなく、美しい一枚の絵に
なりつつあるのでは、と危惧しています。

キャラクターの心理描写と表情は大変すばらしいので、心奪われます。

た!ち?、武蔵・小次郎というと戦いが待ちかまえているのは誰もがご存じかと。
戦いが「動」で表現して貰えることを願っています。剣と剣の交わる音や
汗を感じるような…。
…そう、「スラムダンク」ラスト山王戦のような、
手に汗握る「戦い」、を、期待しつつ、

今は小次郎の成長を見守りたいと思います。
 
バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14) (モーニングKC (823))
タイトル:バガボンド―原作吉川英治『宮本武蔵』より (14) (モーニングKC (823))
定価:\550
販売価格:\550
発売日:2002/06/21
著者:井上 雄彦,吉川 英治
出版社:講談社
形態:コミック
在庫状況:在庫あり。
合計1,500円以上で送料無料!
※ 価格等のデータは日本時間 2009/08/14 05:00:11 時点のものです。

井上 雄彦の本

話題の本、ロングセラー特集



リンク

人気書籍・話題の本・ロングセラー特集特集
in association with amazon.co.jp